苦情・ご意見への対応

HOME苦情・ご意見への対応

苦情・ご意見申出窓口について

社会福祉法第82条の規定により、保育所では利用者の皆さんからの苦情・ご意見に適切に対応する体制を組んでおります。
日常的なご意見・ご要望につきましては、直接園長及び職員にお伝え頂いても結構ですが、保育園への意見の窓口を広める努力をし、ご意見・ご要望にお応えできるようにしていくつもりです。

また、園の職員だけではお答えしかねるものについては、園外に第三者委員をお願いしておりますのでお知らせ致します。

【苦情解決責任者】
園長 松岡法之    副園長 吉田由美

【苦情受付担当者】
主幹保育教諭(池田、富澤)、他全職員

【第三者委員】
元南地区民生児童委員          関口まさ江 
安中市 あさひ第二保育園 園長 
社会福祉法人すずの会 監事       新井ひとみ 

【苦情解決の方法】
1、受付
電話、メール、書面、面接などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。

2、苦情受付の報告確認
苦情受付担当者は苦情を苦情解決責任者へ報告します。苦情申出人の希望によって第三者委員
へも内容を伝えます。 

3、苦情解決の為の話し合い
苦情解決責任者は、申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際苦情申出人は、
第三者の助言や立会いを求めることができます。
第三者の立会いによる話し合いは次のように行います。
ア、第三者委員による苦情内容の確認
イ、第三者委員による解決案の調整、助言
ウ、話し合いの結果や改善事項等の確認

4、解決できない場合
以上のような方法で解決できない時は、群馬県社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会
に申し立てることができます。  ℡ 027(255)6669

苦情・ご意見ポスト

苦情・ご意見に対する対応公開(平成29年度)

当園では、寄せられた苦情・ご意見を匿名にて公開しています。

【苦情・ご意見に対する対応】平成29年度は4件のご意見がありました。

【事例1】平成28年4月
お泊まり保育(毎年7月実施)の実施場所を、今年から何故急に変えたのか。また、そうした決定をどうして園の中で勝手に決めて、事後報告のような形で保護者に伝えるのか。

【対応1】
お泊まり保育は毎年公共の温泉施設を利用していたが、分園を新設したことや温泉施設が遠いといった事情から、本年度から当園で行うことにしました。
当園で行うことによってより自由度の高い、充実した行事にできると考えたことも一つの要因です。

本件に限らず、事前の周知、変更等の決定に至る経緯については、慎重に検討し、保護者の方のご理解を得られるよう努めてまいります。


【事例2】平成29年4月
過去に当園が設置する「子育て支援室」を利用していたが、その頃担当の先生から言われた言葉に傷ついたこと。そのことが、当時は利用者として言いずらかったとのご意見を電話にて頂く。

【対応2】
支援室職員は、利用者の方の利用期間が長くなるにつれて信頼を得ていく一方、馴れ合いの関係になってしまうことは十分に注意するようにします。 


【事例3】平成29年9月
ご意見ポストに匿名にて投書。登校園の際に先生同士、先生と保護者の間でおしゃべりに夢中で他のお迎えに気づかない等、園として気が抜けているように感じるとのご指摘。

【対応3】
登校園時はわずかな時間ではありますが、大切なコミュニケーションの場であり、それによって安心して日中子どもを預けて頂けるものと思います。  ご指摘の内容を謙虚に受け止めて、気が抜けているような雰囲気を出してしまっていることを認識。無駄なおしゃべりは慎むようにしていきます。


【事例4】平成29年9月
保育中に怪我をした時の応急処置の方法について、本来であればすぐに冷やす処置するべき怪我であったにも関わらず、患部を温めて揉むという誤った処置を施した。また、怪我についての連絡がお迎えの時まで知らされないということについてのご指摘。

【対応4】
本件によって、今回のような怪我について誤った応急処置を行っていたことが判明。複数の職員が同じような認識を持っていたため、当園の看護師より早速園内研修を実施した。
また、怪我の際の連絡・報告については、改めて徹底するようにいたします。

苦情・ご意見に対する対応公開(平成28年度)

当園では、皆様から寄せられた苦情・ご意見を匿名にて公開しています。

【苦情・ご意見に対する対応 】平成28年度は5件のご意見がありました。

【事例1】平成28年6月
来年度より午睡中のパジャマ着用を廃止したいということを保護者説明会においてお伝えしたところ、その経緯を詳しく知りたいとのこと。また、子どもの気持ちをしっかりと考慮した上で、変更するならして欲しいとのご意見を頂きました。(詳細割愛)

【対応1】
この度、防災上の観点からパジャマの廃止を提案しました。午睡中に地震等の災害が発生し、外に避難する場合、それが冬の時期であれば子どもにとって相当の負担であろうということ。また、毎月避難訓練を実施する中で、全員がパジャマに着替えたりしている時の避難は通常時より困難であるということがわかりました。
また、午睡は子ども一人一人のリズムがあり、午睡後すぐに着替えなどの活動に移れる子。そうでない子がいます。午睡後のゆったりした時間を確保するためにも、必ずしも午睡中はパジャマでなくてもいいのではないかと考えました。
ただし、パジャマで寝るというメリットもたくさんありますので、1年間の移行期間を設け、子どもたちの様子をみることにいたしました。
こうした考えを保護者の方にお伝えしました。

【事例2】平成28年10月
パジャマの廃止について、最初の案内から半年が経過し、再度来年度から正式に廃止させて頂くことを案内文として配布したところ、そういう変更については決定事項として発表するのではなく、発案、経過段階から保護者の意見も取り入れて欲しいとの要望。

【対応2】
ご指摘の通り保護者の方の意見も、もっと取り入れていけるよう努めてまいります。また、そういう窓口をもっと増やせるようにしていきます。


【事例3】平成28年10月
毎年恒例の生活発表会について、今年度より0、1歳児は行わないということについて、詳しい経緯等が知りたい。

【対応3】
平成28年8月に分園がオープンし定員が増加し、今までの会場では十分な観覧スペースが設けられないという物理的な問題が浮上しました。
そうした中で、そもそも0、1歳児がステージ上での発表をやることは、子どもにとって意味があるのだとうかと考えなおしました。
当園の保育スタイルとして、生活発表会はあくまで日常生活の延長にあるものだと考えております。生活発表会のための猛練習はしておりませんし、子どもに対して大人がみせたいものを教え込むということはしておりません。
そういう意味において、0、1歳児さんは、ステージの発表ではなく、保護者懇談会を兼ねた保育参観を実施。普段の手遊びなどを生活発表会とは別の日に催しました。


【事例4】 平成28年11月
生活発表会の予定内容を見てつまらないと感じる。特に例年年長児が中心で、他のクラスの親はせっかく休みをとって来ているのにがっかりする内容である。
また、ビデオ撮影をするためのスペースをきちんと確保して欲しい。(詳細割愛)

【対応4】
生活発表会を楽しんで頂けていないことを謙虚に受け止め、生活発表会では子どもの成長を感じてもらえるよう努めます。
また、発表の内容には「どうしてこの発表なのか」「子どもたちがどうやってこの発表をつくりあげたのか」「日常生活と発表がどうリンクしているのか」。そういう意図が伝わるようにしたいと思います。
ビデオスペースを本園より設置しました。

【事例5】平成28年11月
生活発表会でのお願いという配布物について、特にビデオ撮影はどこで行うのかわかりずらい。

【対応5】
本年度より優先撮影場所を設け、自分の子どもの出番の時には最前列で撮影、観覧ができるようにしました。そして、そのことを園内掲示して配布物の補足といたしました。



 
お問い合わせ